東京都、港区の遺留分減殺請求権(遺留分侵害額請求)をはじめとした遺贈に関するご相談、手続き、お悩みは東京相続サポートセンター にご相談ください。

東京相続サポートセンター

初回相談料無料・お見積り無料

平日9:00~18:00 03 - 5510 - 2502

※事前予約のご相談は、土日祝祭日、平日夜間も行っております。

お問い合わせ

遺贈に関する基礎知識記事や事例

遺留分減殺請求権(遺留分侵害額請求)をはじめとした遺贈等の相続相談、お手続きについて御紹介します。東京都、港区の遺留分減殺請求権(遺留分侵害額請求)をはじめとした遺贈に関するご相談をお受けしております。

遺贈に関する基礎知識記事や事例

遺留分減殺請求権(遺留分侵害額請求)

遺留分減殺請求権(遺留分侵害額請求)
遺留分権利者は、遺留分を保全するのに必要な限度で、遺贈及び相続開始前の一年間にされた贈与の減殺を請求し、その効力を否定することができます。

相続税

相続税
相続又は遺贈(死因贈与を含む)により財産を取得した個人につき、その取得した財産に対し賦課される国税。財産税の性質を持つ。 相続税法:昭和二五年法律七三号。相続税及び贈与税の課税物件、課税標準、税率、納付の手続等を定める。

太田区の相続

太田区の相続
東京相続相談センター(東京都港区)は以下の3つの事柄を旨として業務にあたります。 1.ご相談者・ご依頼者の利益が何かを常に考えながら、誠実に事案に取り組みます。 2.解決までの段階の一つ一つについて、分かりやすい説明を心がけます。 3.事案の動きに合わせ、迅速な対応を心がけます。

受遺者

受遺者
遺言により遺贈を受ける者として指定された者(民九六四・九六五)。遺産の全部又は一定割合の遺贈を受ける包括受遺者と、遺産中の特定財産の遺贈を受ける特定受遺者とがある。相続欠格者は受遺者にはなれない。また、受遺者は、遺贈の放棄をすることができる(九八六)。

限定承認

限定承認
※限定承認:相続人が、相続によって得た財産のみで被相続人の負っていた債務や遺贈を支払うことを条件とした相続の方法。 相続が開始したことを知ったときから3ヶ月以内にしなければならず、他に相続人がいる場合には、その全員でしなければならない。

特定受遺者

特定受遺者
受遺者とは遺言により、財産を分与された人をいう。 包括受遺者とは、「財産の1/2」というように、割合として財産分与を受ける人の事をいい、相続人と同じ権利義務を担う。したがってマイナス財産も相続するため、限定承認する機会が与えている。

特別受益

特別受益
共同相続人の中の特定の相続人が、被相続人から受けた遺贈、または婚姻、養子縁組、生計の資本として受けた贈与のこと。

相続利益

相続利益
相続人が相続によって受ける利益。 相続人が被相続人から取得した利益の全て(死後の相続財産の分配のほか、特別受益としての生前贈与及び遺贈も含む)。これが遺留分より少ないときは、遺留分侵害による減殺(げんさい)請求をすることができる(民一〇三一・一〇四四)。

死因贈与

死因贈与
贈与者が死亡することによって効力を生ずる贈与。遺贈と似ているが、遺贈は単独行為であるのに対し、死因贈与は契約である。 遺贈に関する規定が準用されている。

遺贈

遺贈
遺言により遺言者の財産の全部又は一部を無償で他に譲与すること(民九六四)。条件、期限、負担を付することができる。単独行為であり死後処分である。その種類としては、遺産の全部又は一部を一定の割合で示してする包括遺贈と、特定の財産についてする特定遺贈とがある。前者の場合の受遺者は、相続人と同一の権利義務を有する(九九〇)。

東京相続サポートセンターが提供する事例・相談内容

  • 特別縁故者

    特別縁故者
    被相続人と生計を共にしていた者、療養看護に努めた者など、被相続人と特別の縁故があった...
  • 内縁

    内縁
    婚姻の意思を持ち、共同生活を営んでいるが、婚姻の届出をしていない事実上の夫婦関係のこ...
  • 中央区の相続

    中央区の相続
    東京相続相談センター(東京都港区)は以下の3つの事柄を旨として業務にあたります。 1...
  • 相続財産

    相続財産
    相続によって相続人に承継される財産の総称。遺産ともいう。被相続人の持っていた積極財産...
  • 遺言書の作成

    遺言書の作成
    遺言書には、公正証書による遺言以外に自筆証書遺言と秘密証書遺言があるので件数の伸びは...
  • 遺族基礎年金

    遺族基礎年金
    国民年金法に基づく給付(一五)で、国民年金の被保険者が死亡したとき、被保険者であった...
  • 遺言証書

    遺言証書
    法定の方式に従って遺言を記載した書面。遺言は被相続人の自由な最終意思を確保するための...
  • 遺言書の検認

    遺言書の検認
    遺言書を見つけたときに必要となる手続きの一つに検認というものがあります。ここではその...
  • 事業承継とは

    事業承継とは
    法人の中で代表取締役をしていた人が亡くなった場合、代表取締役の地位は相続財産ではあり...
遺留分減殺請求権(遺留分侵害額請求)をはじめとした遺贈等の相続相談、関連する手続についてご紹介しています。遺留分減殺請求権(遺留分侵害額請求)をはじめとした遺贈等の相続相談、関連する手続きについて紹介するサイトです。
遺留分減殺請求権(遺留分侵害額請求)をはじめとした遺贈で等の相続相談、法的手続は東京相続サポートセンターにお任せ下さい。