東京都、港区の自筆証書遺言の方式緩和と保管についてをはじめとした相続法に関するご相談、手続き、お悩みは東京相続サポートセンター にご相談ください。

東京相続サポートセンター

初回相談料無料・お見積り無料

平日9:00~18:00 03 - 5510 - 2502

※事前予約のご相談は、土日祝祭日、平日夜間も行っております。

お問い合わせ

相続法に関する基礎知識記事や事例

自筆証書遺言の方式緩和と保管についてをはじめとした相続法等の相続相談、お手続きについて御紹介します。東京都、港区の自筆証書遺言の方式緩和と保管についてをはじめとした相続法に関するご相談をお受けしております。

相続法に関する基礎知識記事や事例

自筆証書遺言の方式緩和と保管について

自筆証書遺言の方式緩和と保管について
今回の相続法改正で、自筆証書遺言に関しての改正が行われました。まず、自筆証書遺言の方式が緩和されました。自筆証書遺言とは、遺言者が自分自身で自筆によって遺言を作成する方式の遺言です。

相続法改正の概要や施行日について

相続法改正の概要や施行日について
少子高齢化などの現代の社会問題に柔軟に対応するために、長きにわたって手の付けられることのなかった相続法が、大きく改正されることとなりました。

遺留分減殺請求権(遺留分侵害額請求)

遺留分減殺請求権(遺留分侵害額請求)
遺留分権利者は、遺留分を保全するのに必要な限度で、遺贈及び相続開始前の一年間にされた贈与の減殺を請求し、その効力を否定することができます。

千代田区の相続相談は専門家にお任せください

千代田区の相続相談は専門家にお任せください
相続問題は誰しもが一度は経験するであろう重要な問題です。 しかしながら相続の手続きにおいては相続財産調査、相続人調査、遺産分割協議、相続税の納付など複雑な手続きが多く、相続に関して豊富な知識を有していなければ相続手続きを円滑に行うことはできません。

遺産分割の相談は東京相続サポートセンターへ

遺産分割の相談は東京相続サポートセンターへ
遺産分割は、遺言があれば遺言に従うことになりますが、遺言がない場合や遺言がある場合であっても1/3を相続させるといったような遺言であって特定の財産を相続させる旨の遺言でない場合などであれば遺産分割協議を行うことになります。

配偶者居住権とは

配偶者居住権とは
高齢者となった配偶者が相続を機に、新しい住居に移り住むことは精神的にも身体的にも厳しい場合があります。また、相続財産の主であることの多い不動産を相続することで他の相続財産を相続することができなくなり、金銭的に困窮することがよくあります。

相続法

相続法
実質的意味の相続法は、相続に関する法律関係を規制する法規全体を指す。形式的意味の相続法は、民法五編「相続」を指し、親族法とともに身分法を形づくる。家督相続が廃止された現行法では、専ら財産相続を規定している。

東京相続サポートセンターが提供する事例・相談内容

  • 遺言の方式の準拠法

    遺言の方式の準拠法
    遺言の方式に適用される法として国際私法によって指定される法をいう。「遺言の方式の準拠...
  • 相続人

    相続人
    被相続人の財産上の権利義務を包括的に承継する者。被相続人の子、直系尊属、兄弟姉妹及び...
  • 嫡出子

    嫡出子
    法律上の婚姻関係にある夫婦から生まれた子のこと。
  • 特別縁故者

    特別縁故者
    被相続人と生計を共にしていた者、療養看護に努めた者など、被相続人と特別の縁故があった...
  • 非摘出子

    非摘出子
    法律上の婚姻関係にない男女間において生まれた子のこと。嫡出子の2分の1の法定相続分を...
  • 任意後見制度

    任意後見制度
    将来自己の判断能力が不十分な状況になったときのために、本人の生活、療養看護、財産管理...
  • 固定資産税評価証明書

    固定資産税評価証明書
    固定資産評価額が記載された市区町村長発行の証明書。 登録免許税を算出するのに必要。
  • 相続財産管理人

    相続財産管理人
    相続財産法人の財産管理人。相続人の存在が不明なとき相続財産は法人となるが、この場合に...
  • 遺留分

    遺留分
    遺言にかかわらず、一定の相続人が遺産を受けることを保証するために、法律上留保されてい...
自筆証書遺言の方式緩和と保管についてをはじめとした相続法等の相続相談、関連する手続についてご紹介しています。自筆証書遺言の方式緩和と保管についてをはじめとした相続法等の相続相談、関連する手続きについて紹介するサイトです。
自筆証書遺言の方式緩和と保管についてをはじめとした相続法で等の相続相談、法的手続は東京相続サポートセンターにお任せ下さい。