東京都、港区の受遺者をはじめとした相続欠格に関するご相談、手続き、お悩みは東京相続サポートセンター にご相談ください。

東京相続サポートセンター

初回相談料無料・お見積り無料

平日9:00~18:00 03 - 5510 - 2502

※事前予約のご相談は、土日祝祭日、平日夜間も行っております。

お問い合わせ

相続欠格に関する基礎知識記事や事例

受遺者をはじめとした相続欠格等の相続相談、お手続きについて御紹介します。東京都、港区の受遺者をはじめとした相続欠格に関するご相談をお受けしております。

相続欠格に関する基礎知識記事や事例

受遺者

受遺者
遺言により遺贈を受ける者として指定された者(民九六四・九六五)。遺産の全部又は一定割合の遺贈を受ける包括受遺者と、遺産中の特定財産の遺贈を受ける特定受遺者とがある。相続欠格者は受遺者にはなれない。また、受遺者は、遺贈の放棄をすることができる(九八六)。

代襲相続

代襲相続
推定相続人である子又は兄弟姉妹が、相続の開始以前に死亡したとき、又は相続欠格若しくは廃除により相続権を失ったとき、その者の子がその者に代わって相続すること。代位相続、承祖相続ともいう。

相続欠格

相続欠格
本来ならば相続人となる者が、不正な行為をしたため法律上当然に相続資格を失うこと。相続欠格者として、①被相続人や先順位・同順位の相続人を殺したり、殺そうとしたりして処刑された者、②詐欺、強迫によって遺言をさせたり、遺言を妨げたりした者、③遺言書を偽造、変造、破棄、隠匿した者などが法定されている(民八九一)。

相続人の廃除

相続人の廃除
遺留分を有する推定相続人の相続権を奪う制度(民八九二以下)。相続欠格ほどの重大な事由ではないが、被相続人に対する虐待、重大な侮辱その他の著しい非行がある場合に、被相続人又は遺言(いごん)執行者の請求により、家庭裁判所が審判で相続人の相続権を奪うもの。なお、被相続人はいつでも廃除の取消しを請求できる。

東京相続サポートセンターが提供する事例・相談内容

  • 遺留分

    遺留分
    遺言にかかわらず、一定の相続人が遺産を受けることを保証するために、法律上留保されてい...
  • 相続利益

    相続利益
    相続人が相続によって受ける利益。 相続人が被相続人から取得した利益の全て(死後の相続...
  • 相続債権者

    相続債権者
    相続財産に属する債務の債権者、すなわち被相続人に対する債権者で、相続により相続人を債...
  • 相続財産管理人

    相続財産管理人
    相続財産法人の財産管理人。相続人の存在が不明なとき相続財産は法人となるが、この場合に...
  • 遺留分回復請求権

    遺留分回復請求権
    遺留分減殺の請求をしても、受贈者及び受遺者が応じない場合に、減殺請求権者がその返還を...
  • 遺言自由の原則

    遺言自由の原則
    遺言によって自由に死後の法律関係を決めることができるとする原則。私有財産制の下での生...
  • 相続法

    相続法
    実質的意味の相続法は、相続に関する法律関係を規制する法規全体を指す。形式的意味の相続...
  • 相続時精算課税

    相続時精算課税
    六五歳以上の者が二〇歳以上の推定相続人に生前贈与をした場合、受贈者が通常の贈与税率に...
  • 杉並区の相続

    杉並区の相続
    東京相続相談センター(東京都港区)は以下の3つの事柄を旨として業務にあたります。 1...
受遺者をはじめとした相続欠格等の相続相談、関連する手続についてご紹介しています。受遺者をはじめとした相続欠格等の相続相談、関連する手続きについて紹介するサイトです。
受遺者をはじめとした相続欠格で等の相続相談、法的手続は東京相続サポートセンターにお任せ下さい。